Skip to content

小林多喜二 Voiceバージョン

日本語English简体字繁體字ภาษาไทย한국어
小林多喜二(こばやしたきじ)生誕の地碑
所在地 大館市川口字隼人岱116。

昭和32年(1957)年7月、碑は多喜二の従兄弟小林俊二(苫小牧)の御芳志と佐藤栄治(当時市議会副議長)の呼びかけで、集落の人々が協力し、奥羽本線下川沿駅プラットホーム側に建立した。その後、地盤が弱くなったことなどの諸事情で移転することとなり、全国の多喜二ファンからの募金等で、昭和62年(1987)2月20日に現在の下川沿駅前に移転された。
小林多喜二(1903~1933)は下川沿村川口字長里(現大館市川口)に生まれ、4歳の時に両親とともに一家は小樽に移住する。明治40年(1904)12月のことである。
小樽高商(現小樽商科大)を卒業し、北海道拓殖銀行に勤めながら、プロレタリア文学運動に入り、『蟹工船』を発表して一躍プロレタリア文学の旗手として注目を集めた。その後銀行を解雇され上京、非合法の共産党へ入党する。地下活動で指導的役割を果たし、危険をおかして「党生活者」を書いたが、活動中の昭和8年(1933)2月20日に築地署に逮捕され、その日のうちに拷問、虐殺された。29歳であった。
多喜二生誕の地碑は、小林多喜二生誕の地碑保存会が維持し、毎年2月20日に生誕の地碑前で「多喜二祭」を開催している。
碑から500mのところに多喜二の生家跡、ほかに、下川沿公民館には多喜二コーナーと多喜二文庫が設けられているほか、大館郷土博物館(大館市釈迦内字獅子ケ森)前庭に文学碑、国道7号から下川沿駅に向かう出入口に標柱がある。

Birthplace of Kobayashi Takiji 

Takiji was born in Kawaguchi, Shimokawazoi in 1903. When he was four years old, his family moved to Otaru. After graduating from Otasu commercial high school, he worked for a bank, and entered the proletarian literary movement and released the novel The Crab Cannery Ship which brought him into the limelight. After that he joined the illegitimate communist party and led an underground cultural movement. He was arrested and killed on February 20th, 1933. This monument was built in July 1957 with the help of the Shimokawazoi Farmers Association and Sato Eiji. The inscription was written by Eguchi Kan, a comrade of Takiji’s.

小林多喜二诞生地纪念碑 

在下川沿农业合作协会会长兼下川市议会副主席佐藤荣治的呼吁下,1957年7月村民们共同在下川沿站前矗立了该纪念碑。碑文由多喜二的同志江口涣先生挥毫书写。多喜二(1903~1933)生于下川沿村川口,4岁时举家移居小樽,从小樽高等商业学校毕业后,进入银行工作,同时参加了日本无产阶级文学运动,因发表《蟹工船》而受到广泛关注。之后前往东京,加入日本不合法党派共产党,在地下指导文化运动。1933年2月20日被捕,被严刑拷打致死。

挥毫  用毛笔书写或作画

小林多喜二誕生地紀念碑 

在下川沿農業合作協會會長兼下川市議會副主席佐藤榮治的呼籲下,1957年7月村民們共同在下川沿站前矗立了該紀念碑。碑文由多喜二的同志江口渙先生揮毫書寫。多喜二(1903~1933)生於下川沿村川口,4歲時舉家移居小樽,從小樽高等商業學校畢業後,進入銀行工作,同時參加了日本無產階級文學運動,因發表《蟹工船》而受到廣泛關注。之後前往東京,加入日本不合法黨派共產黨,在地下指導文化運動。 1933年2月20日被捕,被嚴刑拷打致死。

揮毫  用毛筆書寫或作畫

อนุสรณ์สถานที่กำเนิดของ 
โคบายาชิ ทาคิจิ

จากการเรียกร้องของซาโต้ เอจิ ผู้เป็นรองประธานเทศบาลเมืองและผู้นำสหภาพสหกรณ์การเกษตรริมแม่น้ำชิโมคาวะ ด้วยความร่วมมือของผู้คนในชุมชนจึงได้สร้างอนุสรณ์นี้ขึ้นที่หน้าสถานีชิโมคาวะโซอิในเดือนกรกฏาคม ปี1957 อักษรที่จารพู่กันลงบนอนุสรณ์จารึกโดยเองุจิ คันผู้เป็นสหายของทาคิจิ ทาคิจิ(1903~1933)เกิดที่ปากแม่น้ำที่หมู่บ้านชิโมคาวะโซอิ เมื่อตอนอยู่ 4 ขวบ ครอบครัวได้ย้ายไปอยู่ที่โอตารุชั่วคราว เมื่อจบการศึกษาจากโรงเรียนพาณิชย์ได้ทำงานธนาคารไปพลาง และเข้าร่วมกิจกรรมทางวรรณกรรมเกี่ยวกับชนชั้นกรรมาชีพโดยเสนอผลงานเรื่อง “Kanikosen” จนได้รับการจับตามอง จากนั้นเขาได้ไปโตเกียวเข้าร่วมกับพรรคคอมมิวนิสต์ที่ผิดกฎหมายและคอยสนับสนุนการปฏิวัติวัฒนธรรมทางใต้ดิน เขาถูกจับกุมเมื่อวันที่ 20 กุมภาพันธ์ 1933 และเสียชีวิตลงอย่างมีเงื่อนงำ

จารพู่กัน การเขียนหรือวาดลงไปโดยใช้พู่กัน

고바야시 타키지의 탄생비 

시모카와조이의 농협 조합장이며 시의회 부회장이었던 사토 에이지의 요구와 마을 사람들이 협력에 의해, 1957년 7월, 시모카와조이 역 앞에 건립되었습니다. 비문의 휘호는 타키지의 동지였던 에쿠치 칸에 의해 쓰여진 것 입니다. 타키지 (1903 – 1933) 는 시모카와조이면 카와구찌에서 태어났으며, 4살때 일가가 오타루에 이주하였습니다. 오타루 상업 고등학교를 졸업을 하고, 은행에서 근무하며 프롤레타리아 문학 운동에 참여하였습니다. 『카니코센』의 발표로 주목을 받았습니다. 그 후 동경으로 올라와 비합법 공산당에서 문학운동을 비밀리 지도하다가, 1933년 2월 20일 체포되어 고문에의해 사망하였습니다.

휘호: 붓으로 글과 그림을 그리는 것.

小林多喜二 Voiceバージョン

この情報を、QRコードで読取って携帯でもご覧いただけます。