Skip to content

出川の欅 ≪市指定天然記念物≫

日本語English简体字繁體字ภาษาไทย한국어
出川の欅(いでがわのけやき)
市指定天然記念物

所在地 大館市出川字上沢岱46-1。昭和53年3月13日指定。

 村の伝承によると、平安時代に植えたものという。板沢の八幡神社と板小石の欅とは兄弟木という。
 樹齢千年を超えるといわれる欅の根元は空洞となっていて、その根元から5本の木が立っている。村の入口に高くそびえ立ち、村人には長らく霊力を持つ木と信じられ、集落の守護木として尊崇されてきた。大正初年頃、土地所有者の佐藤東吉はこの欅を若木権現として祀り、毎年4月に祭礼を行っている。
 根元部分の周囲にできた多数のコブは乳の形をしていることから信仰の対象となり、母乳の出ない産婦が白布で作った袋に白米を入れてコブに供え、家に持ち帰って炊いて食べると母乳が出るようになると信じられている。  
 この欅は大正初年頃には枝が繁茂し、枝先が地面にとどくほどであった。5本のうち中心の1本は、昭和30年代幹にできたカメ蜂の巣を駆除するため火をつけたことにより樹勢が衰え、昭和40年代半ばに根元から13m位のところで折れてしまった。腐蝕が進んだことから合成樹脂を吹き付け、平成6年には鉄製の支柱に覆い屋根をかけて保護してきた。しかし、この中心木は枯れてしまった。他の4本は枝を伸ばし成長を続けている。一番太い幹は直径2.5m、一番高い木は23mである。現在この場所をけやきの丘と呼んでいる。

Zelkova Tree of Idegawa
City designated natural monument

Designated as city natural monument on March 13, 1978. According to the folklore of the village, it’s said that it was planted in the Heian period, over 1000 years ago. Its trunk is hollow, and five trees grow from it. It towers high at the entrance of the village. It is believed to have spiritual powers and is respected as a protector of the village. Knots in the base of the trunk form the image of a breast and have become an object of worship. It is believed that if a nursing mother puts white rice in a bag made of white cloth on the knots and eats it, she will produce lots of breast milk.

出川之榉树
市认定天然纪念物
1978年3月13日认定

相传此榉树种植于平安时代,这棵据说树龄已超1000年的榉树,根部已成空洞,从其根部生出5棵榉树,枝繁叶茂。人们相信这棵高耸在村口的榉树具有灵性,能够守护村落,将其尊崇为村落的守护树。其根部生出的凸起成乳状,因此受到大家的信仰。人们相信,产妇在白布袋内装入白米供于凸起前,再带回家煮食后,便能够分泌出母乳。

出川之櫸樹
市認定天然紀念物
1978年3月13日認定

相傳此櫸樹種植於平安時代,這棵據說樹齡已超1000年的櫸樹,根部已成空洞,從其根部生出5棵櫸樹,枝繁葉茂。人們相信這棵高聳在村口的櫸樹具有靈性,能夠守護村落,將其尊崇為村落的守護樹。其根部生出的凸起成乳狀,因此受到大家的信仰。人們相信,產婦在白布袋內裝入白米供於凸起前,再帶回家煮食後,便能夠分泌出母乳。

ต้น Keyaki (ต้นเซลโคว่า) แห่งเดงาวะ
อนุสรณ์ธรรมชาติที่กำหนดโดยเทศบาลเมือง

กำหนดเมื่อวันที่ 13 มีนาคม 1978

ตามตำนานกล่าวกันว่าปลูกขึ้นในสมัยเฮอัน รากของต้น Keyaki ที่กล่าวกันว่ามีอายุเกินกว่า 1,000 ปี ได้กลายเป็นโพรงและจากรากนั้นเองได้มีต้นไม้อีก 5 ต้นงอกออกมา เติบโตเป็นร่มไทรให้กับประชาชนในหมู่บ้าน อีกทั้งยังได้รับการยอมรับนับถือว่าเป็นต้นไม้มีพลังวิญญาณจึงได้รับการนับถือให้เป็นต้นไม้ผู้พิทักษ์ของชุมชน ส่วนที่งอกออกมาจากรากไม้มีรูปร่างคล้ายเต้านม จึงเป็นสิ่งที่ทำให้เกิดความนับถือ เป็นที่เชื่อกันว่าถ้าหญิงตั้งครรภ์จะนำเอาข้าวขาวใส่ในถุงที่ทำด้วยผ้าสีขาวมาสักการะส่วนที่งอก เมื่อกลับบ้านได้หุงกินแล้วจะช่วยทำให้มีน้ำนมไหล

이데가와의 느티나무
시지정 천연기념물
1978년 3월 13일 지정

전승에 의하면 헤이안 시대에 심어졌다고 합니다. 수령이 1000년이 넘은 느티나무로, 뿌리가 비어있으며, 다섯 그루의 나무가 같은 뿌리에서 자라고 있습니다. 마을 입구에 드높게 치솟아 영력을 가진 나무로 믿어졌습니다. 사람들에게는 마을을 지키는 수호 나무로 숭배되었습니다. 뿌리 부분에 혹이 유방의 형태를 하고 있어 신앙의 대상이 되어왔습니다. 임산부가 하얀 천으로 만든 옷에 하얀 쌀을 집어넣어 이 혹에게 바친 후, 다시 집에 가지고 돌아와 밥을 지어 먹으면 모유가 잘 나온다고 믿었습니다.

出川の欅 ≪市指定天然記念物≫

この情報を、QRコードで読取って携帯でもご覧いただけます。